Slider

子ども大学たま

「子ども大学たま」は、地域の子どもたちをはじめ、すべての子どもたちに対して、大学の教員や専門家、地域の市民などによる授業を行い、さまざまな学びや体験を通して、子どもたちの夢や未来、知的好奇心を広げ、世界市民を育むことを目的として活動します。

子ども大学たま 学長 榊原洋一から子どもたちへのメッセージ

皆さん、子ども大学たまへようこそ!

皆さんは「大学」ってどんなことをするところか知っていますか?
小学校や中学校より難しい勉強をしているところ?
社会人になった時に必要な知識を得るところ?
これらの答えは、半分だけ当たっています。
大学の一番重要な役目は、まだ答えがわかっていないことを研究したり、まだ世の中にない道具やしくみを発明したりすることです。

皆さんは今勉強が楽しいですか?
楽しくない人もいるかもしれません。そのわけは今、皆さんが勉強していることは、もう答えがわかっていることが大部分だからではないでしょうか。
もっと深く知りたいと思っている人には物足りないかもしれません。

皆さんが学校で学ぶことは、皆さんが近い将来に大学生あるいは社会人として、まだ誰も見つけたことのない秘密や、誰も体験したことのないものやしくみづくりにチャレンジしてゆくための土台作りなのです。

子ども大学では、大学や世の中で最先端の新しいことを発見したり、作り出そうとしたりしている人が先生になっています。
そして、皆さんにまだわかっていないことを探求したり、まだ世の中にないものやしくみづくりにチャレンジすることの楽しさを皆さんに伝え、体験してもらう場所です。

さあ、未来への一歩を踏み出しましょう!

榊原 洋一(さかきはら よういち)
医学博士。お茶の水女子大学名誉教授。日本子ども学会理事長。専門は小児神経学、発達神経学、特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。

子ども大学たま 校歌のご紹介

子ども大学たまの校歌は詩人であり翻訳家・絵本作家である谷川俊太郎さんが作詞を、その息子でピアニストであり作曲家の谷川賢作さんが作曲をして頂きました。子どもたちのちから、子どもたちの才能、子どもたちの可能性を何よりも認めて、同じ目線で背中を押し、勇気づけ続けてきた谷川俊太郎さんと谷川賢作さんに、「子ども大学たま」で学ぶ子どもたちを応援する歌を作っていただいています。「なぜ?」「どうして?」と問いかける子どもたちに、学ぶということの大切さ、また探究するということの面白さについて、この校歌を通して、改めて感じてもらえることを願っています。どうぞご期待ください。

※歌詞は順次掲載予定です。

授業スケジュール

2021年度年間授業スケジュール(2021年4月17日現在)

第1回授業(入学式)

日時:2021年5月16日(日)14:00~16:30
●入学式
学長:榊原 洋一(お茶の水女子大学名誉教授)

●授業:もりとわたしたちのくらし(仮)
講師:山本 博一氏(東京大学名誉教授)

 

第2回授業

日時:7月 18 日(日)14:00~16:00
テーマ:夢のデザイン
講師:野澤 武史氏(ラグビー元日本代表、一般社団法人スポーツを止めるな代表理事)

 

第3回授業

日時:9月19日(日)14:00~16:00
テーマ:「音楽はこういう時こそ効くんだなあ ワクワク ドキドキ そしてちょっとしみじみ」〜賢作と一緒に音で遊ぼう〜
講師:谷川 賢作氏(作・編曲家/ピアニスト)

 

第4回授業

日時:11月 ※調整中 14:00~16:00
テーマ:宇宙の話(仮)
講師:牧島 一夫氏(東京大学名誉教授)

 

第5回授業

日時:1月 ※調整中 14:00~16:00
テーマ:調整中
講師:調整中

 

第6回授業(修了式)

日時:3月 ※調整中 14:00~16:30
テーマ:調整中
講師:調整中

※新型コロナウイルス感染症対策により、当面はオンライン(Zoom)との併用授業を予定しております。対面授業の場合は多摩地域で行いますので、予めご了承ください。

プレ開校のお知らせ

第2回 終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

■日 時:2021年2月28日(日)14:00〜16:00
■会 場:オンライン授業(zoom)
■講 師:多田千尋(東京おもちゃ美術館館長、NPO法人芸術と遊び創造協会理事長)

■授業内容:おもちゃ美術館の創り方!~人と人をつなぐデザイン〜

<講師からのメッセージ>
皆さんは「おもちゃ美術館」を知っていますか?生徒が少なくなって終わってしまった小学校や閉店したデパート、お客が少なくなってシャッターが閉まりっぱなしの商店街におもちゃ美術館は誕生します。全国12館になろうとしているおもちゃ美術館。人があふれているにぎやかなところに創設するのではなく、どうしてそのような寂しい場所にあえて美術館をオープンするのでしょうか?こども大学たまでは、その秘密をこっそり皆さんに教えます!

★★★第1回は1月31日(日)14:00~16:00に開催されました。★★★

■講  師:榊原 洋一(医学博士、子ども大学たま学長、お茶の水女子大学名誉教授)
授業内容ウイルスって何だろう?コロナって怖いの? 

 

入学案内

授業

今年度は授業を6回行う予定です。
欠席の場合は、その授業の資料をお渡しいたします。後日動画での視聴も可能です。
一年間の授業の感想を書いて、年度末に感想文集を作ります。
台風や地震などにより開校不可能な場合は、中止といたします。

学生

小学4~6年生。多摩地域およびその周辺に住むお子様。その他地域からでも参加可能。定員60名(締め切り前でも定員に達した時点で、募集を終了させていただきます)。

授業料

無料

資料代

5,000円(2021年度年間。第1回~第6回授業分に充当します)

※一度納入いただいた資料代は返金できません。
※資料代は、年間の通信費、教材費、会場費、講師料、保険料などの運営経費に充てます。
※授業によっては、ほかに教材費が必要な場合があります。その際には、都度お知らせします。

申込方法

こちらからお申し込みください http://tamakodomo.main.jp/admission/

■申込締切

2021年5月7日(金)

※個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、子ども大学たまのお申し込みへの対応および授業実施にあたり必要な確認・連絡などの目的で利用します。

 

<保護者の方へ>
※お申し込みいただく際に、オンライン通信環境をご確認ください。授業にはZoomを使用します。使用端末(パソコン・タブレット・スマホなど)へのカメラ・マイクの接続とWi-Fi環境の準備をお願いいたします。
※保護者の方も、授業を参観できます(会場実施の場合は人数制限を設けます:原則1名)。
※記録および広報のために録画をさせていただきます。写真・映像をウェブサイトやその他販促物に掲載させていただく可能性がありますので、ご了承ください。

NPO法人子ども大学たま事務局
お問い合わせフォーム:http://tamakodomo.main.jp/contactus/
メールアドレス:

活動報告

会員募集

子ども大学たまでは、子どもたちに実り多き授業を継続的に届けていくために、本活動にご協力くださるみなさまをボランティア会員として募集しております。本活動にご賛同し、支えてくださる方には、下記3種類の支援の方法(正会員、賛助会員、学生ボランティア会員)をご用意しておりますので、ぜひご検討いただきますようお願いいたします。

なお、活動については、すべてボランティアとなりますが、未来の子どものために、是非ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

会員の種類

〇正会員: 「子ども大学たま」の趣旨に賛同し、活動に参加する個人・団体 ※総会での議決権を有します。

〇賛助会員 :「子ども大学たま」の趣旨に賛同し、活動を賛助する個人・団体 ※総会での議決権を有しません。

〇学生ボランティア会員:高校生・大学生・専門学校などの学生「子ども大学たま」の趣旨に賛同に、活動に積極的に参加してくださる方。 ※総会での議決権を有しません。

年会費

〇正会員:個人・団体・・・年会費2,000 円

〇賛助会員 :個人・・・年会費一口5,000 円

団体・・・年会費一口50,000 円(各一口以上)

〇学生ボランティア会員:未就労のため、会費は免除します。

会員の活動

スタッフ・ミーティングの参加、授業企画、広報活動、設営・世話・記録・会計、その他。
※なお入会前に授業参観やスタッフ・ミーティングへの参加を希望される方は、事務局までご連絡ください。

お問い合わせ

NPO法人子ども大学たま事務局
お問い合わせフォーム:http://tamakodomo.main.jp/contactus/
メールアドレス: